アサイーボウルがスマホから8分で届く- UberEATSは日本で成功するか?


配車サービスを展開する 「Uber」 はフードデリバリーサービス「UberEATS(ウーバー イーツ)」を9月29日11時から開始すると発表しました。東京都の一部エリア(渋谷、恵比寿、青山、赤坂、六本木、麻布)から開始、150以上のレストランの料理を、店頭と同じ価格で注文でき、開始当初は配送料も無料とのこと。

UberEATSって?

UberEATSはパリ、サンフランシスコ、ロンドンなど世界7か国33都市で展開中、日本は8か国目、34番目の都市になります。海外ではUberEATSを活用して注文数が2倍になったお店もあるそうです。

img_0751

三者間の心理

もともと、シェアリングエコノミーの代表格であるUberは移動したい人とドライバーの二者間を取り持つサービスとして普及しました。そのノウハウを活かして、今度はUberEATSで「おいしいものを作る人」「おいしいものを運ぶ人」「おいしいものを食べたい人」の三者間でビジネスを展開するというわけです。

  • おいしいものを作る人の心理
    • おいしいものをお客様にもっと届けたい!でも、デリバリースタッフがいないし、作ることに集中したい!
  • おいしいものを食べたい人の心理
    • ケータリングや出前じゃなくて、有名店の料理を家や会社やパーティーやお花見で食べたい!
  • おいしいものを届けたい人の心理
    • 時間に余裕があるのでちょっとお小遣い稼ぎをしたい♪あと、なにより楽しそう!

この人たちの心理の真ん中にUberEATSが存在します。注文はスマホからお店の料理を選んで、配達先を指定、配達状況や到着予定時刻もアプリで確認できます。

discussion

注文方法

注文するとお店に注文情報が届きます。お店側は混雑状況を見ながら、調理完了までの時間を入力します。料理ができあがる時間にはパートナー配達スタッフがお店に到着、お客様に配達します。パートナー配達スタッフは事前登録制で自転車、または原付バイクで配送を行います。パートナー配達スタッフはすでに1,000人の配達スタッフ(男性85%、女性15%)を確保しており、お客様は配達スタッフの顔写真もアプリで確認できます。

東京で利用できるレストランはイタリアン「ダルマット」、精進料理「宗胡」、焼き肉「トラジ」、ドーナッツ専門店「クリスピー・クリーム・ドーナッツ」など。500円の肉じゃがから、2万円のステーキまで幅広い価格帯の料理が注文できます。

box

UberEATSの狙い

東京は一人当たりのレストラン数が大量で、かつ、ミシュランの星付き有名店も多く、良質ともに世界最高レベルにあります。その豊かな食を配達サービスでさらに手軽にし、壮大な食の配達プラットフォームとして機能させるというのが「UberEATS」の狙いです。実際、世界での注文から配達までの平均時間は34分ですが、試験テストでは注文したアサイーボウルが8分で到着したそうで、配達プラットフォームとしての機能拡張や改善は進んでいそうです。

サービス開始前日のロウンチイベントに早速潜入してみました。実際、UberEATSアプリで注文したら、ユニフォームの配達スタッフが登場。UberEATSの箱に入ったパスタを数分で持ってきてくれました!

driver

日本で支持されるか?

とても斬新なサービスで三者間の間にうまーく入り、すべての人をハッピーにするサービスだと感じました。では、日本でこのサービスうまくいくでしょうか?私はUberEATSが受け入れられるには2点のポイントがあると思いました。

  • 実際にお店で食べるのと同じ状態でお客様に届けられるか?
  • 時間通りに手元に届くか?

「おいしいもの」という定義は人によって異なる非常に曖昧なもので、お店の雰囲気や盛り付け、一緒に食べる人との会話など総合的なもので「おいしい」と感じると思います。気の合う仲間の中に最高の状態でお届けできれば「おいしい」と感じていただけると思います。そういう意味では配達スタッフの品質と待遇も重要なポイントですし、お店側はいかにおいしそうな料理の写真をアップするか?も重要なポイントかもしれません。

さて、皆さんもご利用してみてはいかがでしょうか?

さぁ、皆さんの出番です!

UberEATS の詳細は こちら ※プロモコード「eatstokyo」を入力すると、初回2000円分が無料になります!(2016年9月29日現在)

あとがき

UberEATSのお披露目会には雑誌や新聞、テレビといった報道関係者だけでなく、一般企業のPR担当者も招待されていました。実際にマーケティングだけでなく、PRとして情報発信の感度の優れた人たちを巻き込み、体験の場を作り、スマホでバズってもらうというアイデアは素晴らしかったです。是非、自分の活動にも取り入れてみたい!と思いました。


Taku Kakino
大学卒業後、大手ERPベンダーのSAPに入社、マーケティングを中心に様々な業務を経験後、出張・経費管理クラウドベンダーのコンカーへ転職。座右の銘は「高下在心」、段ボール運びなども、結構楽しそうにやって生きています。