あなたが短期で変わる4つの学習スタイル


新しいスキルを短期間で習得する人がいて、とてもうらやましく思う事があります。マネしたいので、その秘訣を聞くと自分に合った、彼らなりの哲学とやり方があることに気づきます

憧れの職業に転職したい!もっと権限のある仕事にチャレンジしたい!プライベートをもっと充実させたい!

no_change

ポジティブに自分を変化させるには2つしか方法はありません。

  • 環境を変え、新しいことをやらざるを得ない状況にする
  • 必要なスキルを身に着け、新しいことにチャレンジできるようになる

最も効率的なのは前者です。人間には適応能力があるので、短期間で効率的に自分が変わります。ただ、大きな決断と労力、そして、ちょっとした勇気もいりますので、ハイリスク・ハイリターンな手法かもしれません

二つ目の方法は学校やトレーニング、または独学で必要な学習をし、新しいスキルや技術を身に着けることです。能力はもちろんのこと、付き合う人が変わるので、徐々に生活が変わっていきます。

ただ、いざ、やってみよう!勉強をしよう!身に着けよう!と思っていても、なかなかうまくいきません。皆さんにも心当たりがあるように、、、

  • 忙しくて時間が取れない
  • いざ、机に向かってもやる気が起きない
  • やっぱり楽しいことに時間を使いたい

himada

継続するには相当な信念やある種思い込みも必要です。ただ、そうできない場合でも、実はいい方法があります。自分に合った学習スタイルを理解し、実践することで効率的に進められることができます

あなたのあった学習スタイルは?

様々な考え方がありますが、一般的に以下の4つの学習スタイルが存在し、適切な学習方法で、効率的に新しいスキルを習得できるようになります

視覚優位(見て学ぶ)

see

  • 当てはまる人
    • 騒音があまり気にならない。
    • 見かけが大事。
    • 外見から影響を受けやすい。
  • 特徴
    • 視覚情報を元にすることが多いため、見えたことや頭の中に浮かんだ映像についての内容が多くなるのが特徴です。
  • 効果的な学習方法
    • 「見る」ことで理解するのが得意です。まとめるときはペンで色分けをしたり、図形、チャートなどで見やすくすれば学習効果が上がります。

聴覚優位(聞いて学ぶ)

hear

  • 当てはまる人
    • ブツブツ独り言をいうことがある
    • 電話で話すが好き
    • 周りの人から自分の話をしてもらうことが好き
    • 聞いたことをそのまま繰り返せる
  • 特徴
    • 音を捉えるのが得意で、相手の声の変化にも敏感。音情報が主なので、聞いた内容をそのまま再現したり、音などに関する内容が多くなるのが特徴。うるさいところでは学習効果が落ちる。
  • 効果的な学習方法
    • 「聞く」ことで理解することが得意。勉強するときは静かな環境で、友人と話しながら、自分で声に出しながら勉強することで学習効果が上がります。

言語優位(考えて学ぶ)

think

  • 当てはまる人
    • 頭の中でじっくり考えることが好き
    • 仕組みや構造、システムが重要
    • 仕事やプロジェクトのタスクリストがあると落ち着く
    • すぐに答えなんて出ない!
  • 特徴
    • ディスカッションなどを通じ、自分なりに論理づけることで理解を深める。使う言葉の解釈が異なると混乱してしまいます。論理的に話し、長く複雑な文章でも話せます。自分なりの解釈、まとめ方をし、文章を書いたり、発表したりすることで習得の効率が上がります。
  • 効果的な学習方法
    • 「考える」ことで理解することが得意です。学習方法自体も本やネットから集め、自分なりの新しい方法を編み出すと学習効果があがります。関連性のあるものに紐づけてると思考が深まり覚えやすくなります。

触覚優位(やってみて学ぶ)

work

  • 当てはまる人
    • 自分の体験や思ったことをよく話す
    • 説明書は読まない
    • 会話するときの距離感が近い
    • 人から落ち着いているとよく言われる
  • 特徴
    • まずやってみるのが触覚系の特徴。話す内容は、実体験の情報が主なので、感覚的な言葉が多くなります。体や手足を使うと学習効率があがります。
  • 効果的な学習方法
    • 「やってみる」ことで理解することが得意です。やり方うんぬんより、まずやってみる。自分の経験から補正しながら、学習を進めると効果があがります。書いたり、パソコンを打ち込んだりするのも効果があります。

ちなみに、私は典型的な「触覚優位」です。新製品でも説明書は読みませんし、新しいチャレンジもあまりよく考えずに始めます。触ってみたり、やってみて、あーこんな感じなのね!と苦労もしますが、私にはそれが一番効率的です。仕事でも大抵、上司の方が優秀なので、言われたものを素直にやってみて、自分なりに学びを得ながらアレンジしていきます。

自分はどんな人間か?を探求する中で、どんな学習スタイルか?もちょっと気にすると人生がより豊かになるかもしれません。学習スタイルに関しては調べられるウェブサイトも多数ありますので、ぜひ、利用してはいかがでしょうか?

自分にあった学習スタイルで是非、新しいことを学び続けましょう!

さぁ、あなたの出番です!


魔法の鏡で人生を充実させる方法


自分らしく、充実した人生を送りたい!誰しも思うことです。私は実現できている人は必ずと言っていいほど、自分をよく理解している人だと思います。

大きな目標を達成するには自分の能力や努力に加え、価値観の異なる人との交わりが欠かせません。ただ、その人にはその人なりの価値観や夢があり、自分自身への理解ができてこそ、他者を意識した有効なコミュニケーションができると思います他人を協力を得るには金銭的なものを除くと、2つしか方法はありません。

  1. 相手を十分に理解し、信頼を得ること
  2. 自分自身を理解し、正しく理解してもらうこと

どちらも難しいテーマです。ただ、後者は自分が起点ですので、適切な方法で改善が可能だと思います。

あなたは影響を受け続け、変わり続ける

社会経験を重ね、リーダシップを期待される立場や中間管理職、経営者になると関係者も増え、自分を主観的にも客観的にも捉えられなくなることがあります

  • 周囲からの期待と、自分が本当にやりたいこととがずれてきた・・
  • うまく回っている反面、チャレンジがなく、成長実感もない・・
  • ついつい他人と自分を比べてしまう・・
  • 仕事人生の先が見えてしまって、このままでいいのだろうか・・

考えすぎると迷いが出るので、環境が求めること、他人が求めることを自分のやる事と置き換えて、目標とする人もいます。ただ、自分自身の人生という観点で健全でしょうか?私はそうではないと思います。

coach3

ビジネスコーチという魔法の鏡

朝、鏡の前に立つとあなたの顔が写ります。鏡はあなたの顔をじーっと映し続け、決して語り掛けることはありません

ある日、鏡の中のあなたが直接、問いかけてくる魔法の鏡があるとしたら、、、今までと違った日常になると思いませんか?

あなたの考えを一緒に整理、目標を定め、達成までの具体的なステップを決め、定期的な進捗チェックを“問いかけ”と共にサポートしてくれる魔法の鏡、それが “ビジネスコーチ” です。

米国ではビジネスコーチは企業の経営者層を中心に一般化、すでに市場規模は約20億ドル、約5万人のコーチがこの市場に従事する巨大産業です。エグゼクティブの多くが日常的にコーチングを利用し、また、コーチをつけていることをステータスと捉えています

coach4

コーチングを行う具体的なステップは?

定期的に以下のサイクルでコーチとインタビューを行います。

  1. 現状を整理、自分を知る
  2. 目標を定義、または修正する
  3. 具体的な活動計画に落とし込む
  4. 後日、レビューし、1に戻る

それでは、それぞれのプロセスを説明します。

coach2

状況を整理、自分を知る

コーチがあなたに語りかけます。決して、アドバイスはしません。語るのはあなたです。モヤモヤの原因、できない理由、足りない能力、他人への配慮。。。話せば話すほど、あなたの考えが徐々に整理されます。

目標を定義、再定義する

誰しもなにかしらの目標を持っています。ただ、目標自体を定期的に整理したり、日常的に見直したりする人は皆無だと思います。

重要なのは何のために今これに取り組んでいるか?というあなたの納得感です。コーチの問いかけに答えながら、あなたが納得する目標を決め、あるいは再考します。

具体的な活動計画を作る

目標を決めた後、やるべき事を決めます。上司から助言を毎週得る、毎朝3km走る、電車の中で毎日英会話を聞くなど、今、あなたに必要な活動です。

後日、レビューする

さぁ、後日、チャレンジした結果をコーチにフィードバックします。達成できたこと、できなかったこと、いろいろあります。

でも、あなたが決めた必要な新しいチャレンジをした分、時間の過ごし方の質が違います。もうその時点で次の活動のイメージができているかもしれません

再度、コーチと話しながら、再整理、活動計画を修正していきます。この一連のサイクルをグルグル繰り返すことで、あなたという人間が徐々にわかってきます。自分への理解は他人への理解と同義です。あなたがどんな人間か分かれば、目標達成に向けた他人の協力も受けやすくなるかもしれません。

coach5

コーチングを受けた感想:私の場合

私がブログをはじめようと思ったのも、一度、死んでみようと思ったのも、実はコーチングで私自身が決めた活動計画でした。当時は時間の割にやりたいことが多すぎて選べないというのが悩みで、問題を二つに要素分解しました。

一つ目は捨てる技術を身に着けること死んでみること)。二つ目は質のいいインプットをもらうために、逆に自分から情報発信する基盤(ブログ)を作ること。未達のことも多いですが、特にブログに関しては今まで出会ったこともない方から、多数のお問い合わせをいただき、想像以上のインプットをいただいています。今後も継続的にコーチにサポートいただくことで、自分が実現したいことに近づけると思っています。

費用と期間

1回10万円以上のエグゼクティブ向けから、スカイプでお手軽に1回1万円程度で始められるものまで多種多様です。私がお世話になっている未来チーム研究所さんの場合は以下の通りです。

  • 期間:半年~1年間
  • 頻度:2週間に1回、または月1回
  • 費用:応相談

自分を理解すること、結果でなく過程を楽しむこと、そして、健康であること。

私はこの3つで人生は相当楽しい!と思っています。その意味でビジネスコーチは魔法の鏡としてあなたの潜在力を引き出し、人生を豊かにしてくれると思います。是非、ビジネスコーチの協力を得て、まずは主観的に客観的にあなた自身を見つめなおしませんか?

さぁ、あなたの出番です!

私がお世話になっている森田さんと未来チーム研究所の詳細は こちら

coach6

未来チーム研究所 代表 森田 諒 氏

1984年大阪生まれ横浜育ち。東京大学工学部システム創成学科卒業後、2006年野村総合研究所に入社。多数の組織変革プロジェクトに携わる。主なテーマは、エグゼクティブ・コーチング、経営陣ダイアログ、ビジョン共鳴活動など。「少数精鋭チームが世の中を変えていくのを支援したい」と思い、2015年フリーのコンサルタントとして独立。


月800円で英語を完全習得!Amazon English を使ってみた(その2)


(前回はこちら)日本市場でサービス開始前にパイロットユーザーになりました。いろいろ機能を試して、改善ポイントをAmazonにフィードバックします。(※現在は募集していません)

Amazon Englishを実際使ってみた

はじめに自分の英語のレベルを入力します。自分が思う英語レベルやTOEICの点数を入力すると5段階で自分のレベルが決まります。このレベルに応じてAmazon Englishがカテゴリ毎にコンテンツをおすすめしてくれます。カテゴリーは最新ニュース、ビジネス、古典・フィクション、自己啓発、日本自体を英語で学ぶものまで幅広いコンテンツが用意されています。最低1日15分間のヒアリングが推奨され、達成するとおめでとう!メッセージが表示されます。総ヒアリング時間は自動カウントされるので、いいモチベーションになります。一般的には1,000時間ヒアリングできれば相当なレベルになれるようです。

amazon_english-3

20時間経過、めっちゃいいぞ!

自分レベルに応じたコンテンツをヒアリングし続けていくと自分にしっくりくるコンテンツがわかってきます。最初はスピードを遅く、意味不明な単語は長押しすれば日本語の意味が出てきます。何度も繰り返したコンテンツは再生スピードを早めに設定、改善スピードがどんどん上がり、自信が徐々についてきます

amazon_english-5

今まではヒアリングを始めるまでが面倒だった。。。

冷静に今までの英語を勉強を振り返ってみると、ヒアリングを始めるまでの作業がとても面倒だったことに気づきます。

  • 語学学習用の付録書籍のCD-ROMをファイルに変換、スマホへコピー
  • ポッドキャストをダウンロード、英語字幕をネットで探す。不明な単語はまたネットで再検索
  • 早送りしたり、遅く再生できるアプリを探索

などなど、準備作業が面倒で、肝心のヒアリングに時間が割けないというケースが多かったと思います。

amazon_english-4

アプリでできること

Amazon Englishは利用登録したその時点から、ヒアリングも辞書も単語帳もすぐ始められ、チョー便利!

  • 読み上げスピード:0.5倍速~1.5倍速で自由に設定可能
  • 単語帳:不明な単語は単語帳に登録
  • ネット接続:コンテンツをダウンロードすることでオフライン利用可
  • コンテンツ:どんどん増えていきます!

現在、50時間継続中!

目新しさと面白さでモチベーションが続く限り、Amazon Englishをやってみました。現在、48時間44分が経過。この時点での感想をまとめてみます。

  • やや、コンテンツに飽きてくる

個人の学習タイプにも依存しますが、新しいことを学ぶ動機付けはやってて楽しいこと!だと思います。現在、Amazon Englishが提供するコンテンツには、映画やテレビドラマなどがなく、ある種、教科書的なものが多く、30時間を超える頃にやや飽きがきてしまい、学習ペースが落ちてしまいました。。。

  • 自分がどれだけ頑張っているかがわかりにくい

せっかく毎日頑張っているので、他人との評価が欲しくなるのですが、それらを客観的に見る機能がありません。1日15分間ヒアリングできたか?総ヒアリング時間はどれくらいか?しかわからないので、少しゲーミフィケーションの要素があるとよさそうです。

amazon_english-7

Amazon Englishが大成功するポイント

Amazon Englishを実際使ってみて、満足感は高い!ですが、いくつか改善点もありそうです。日本市場で受け入れられるには以下の要素が必要だと思いました。

  • Amazon Prime TVのコンテンツを活用

勉強なので教科書的なコンテンツは重要です。でも、せっかくなのでAmazon Prime TVのコンテンツと連動するともっと楽しくできると思いますし、両サービスのシナジー効果は大きいのではないでしょうか。

  • SNSと連動させ、ライバルとの競争意識に火をつける

Facebookなどと連携し、自分の知り合いやAmazon Englishを利用している人の中で、自分がいるレベルを偏差値的に把握、共有できる機能があると競争心が沸き、よいモチベーションになると思います。

  • 英語学習ジャーニーを網羅的にサービス化する

英語はヒアリングだけではありません。英語を習得したいと思う人のカスタマージャニーをベースにヒアリングから単語、文法、会話を網羅的に支援するサービスになると強力な語学学習プラットフォームになると思います。

Amazon Englishは既存の語学学習のビジネスモデルを破壊、新しい語学学習プラットフォームとして存在できる可能性は高いと思います。英語学習で面倒だった事前の準備作業から解放、利用ユーザの嗜好性や学習量、および、習熟レベルを把握、その人に合うコンテンツを提案、改善プロセスを進めていく。Amazon Alexaなどのディープラーニングの技術と組み合わせれば、数年後にはあなたの英語学習をサポートする相談相手として傍らに座っている可能性は高いと思います!

amazon_english-6

私自身、スキマ時間を見つけて、50時間弱続けましたが、少し英語力があがってきたと思います!是非、Amazon Englishで”楽しく” “効率的” に英語を始めませんか?

さぁ、次はあなたの出番です!

Amazon Englishの詳細はこちら


月800円で英語を完全習得!Amazon English を使ってみた(その1)


英語が話せるようになりたい!と思う皆様に朗報!米Amazon.comが英語学習プラットフォームAmazon Englishを日本で開始。まず、最初にサービス開始の背景を振り返ります。

買収サービスAudibleを活用

Amazonは2008年1月31日、オーディオブック事業を展開する米Audibleを3億ドルで買収、現在、グループ会社の一員としてアマゾンサイトでオーディオブック出品者として世界中にコンテンツを配信しています。日本では2015年7月からサービスを開始、30以上のカテゴリから、5,000以上のコンテンツを利用できます(2016年10月現在)。日本市場への意識も高く、落語だけでも300本以上ある充実ぶりです!

そもそもオーディオブックって?

オーディオブックは移動中や運転中など、本やスマホが使いずらい場面や、文字を読むこと自体が面倒な時、コンテンツを代読してくれるサービスです。アプリにコンテンツをダウンロードしておけば、ネット接続なしに利用できます。音声の読み上げ速度を自由に設定でき、気に入った部分をブックマーク、細かく早送りや巻き戻しもできます。Audibleは月々1,500円で1か月無料体験ができ、Amazonプライム会員なら3か月無料体験が可能です(2016年10月現在)。

audible

日本で立ち上がるオーディオブック市場とAmazon English

オーディオブックは電子書籍の次の展開と位置付けられ、米国ではすでに1,600億円の市場規模日本でも出版会社を中心にその動きが活発化しています。

新潮社など16社、オーディオブック普及へ連携 協議会設立  – 新潮社や小学館、講談社、KADOKAWAなど16社は6日、日本オーディオブック協議会(東京・文京)を設立した。書籍の内容を音声で聴く「オーディオブック」を電子書籍の次の柱に育てるため、各社が連携して普及に取り組む。(2015年4月6日 日本経済新聞)

オーディオブック市場が拡大する中、経済のグローバル化が進み、日本の語学学習の市場規模は拡大、約9,000億円弱(2016年)にまで膨れ上がっています。AmazonはAudibleが持つオーディオブックでの経験と機能性とAmazonのコンテンツ流通プラットフォームを組み合わせ、日本人の旺盛な需要を取り込む新しい語学学習プラットフォームを構築しようとしています。

さて、実際、50時間使ってみた感想を次のページでご紹介します!

(続きはこちら


月々49,800円でポルシェがキタ!NOREL体験レポート(まとめ)


(前回はこちら)車乗り放題サービスの体験レポートを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

NORELは車好きに支持されるか?

クルマを着せ替えるという新しい市場創りを目指すNORELですが、消費者に受け入れられるサービスとなるでしょうか?私は成功するポイントは以下だと思います。

  • 新しい古いではなく、車好き向けの車種を増やす
    NORELは結果的に車好きがターゲットになると思います。車好きは自分らしい車を求めています。その思いに応えられる幅広い魅力的な選択肢を用意できるかが重要です。
  • 車のグレードで貸し出す期間を変える
    人気車種に乗っている利用者は次に乗りたい車種が見つからなければ、継続的に人気車種に乗り続けるでしょう。3か月を超えた場合、貸し出し日数に制限を設けるなど、公平性を保つ必要があります。
  • 車のグレードで貸し出す料金を変える
    ある程度、割高な料金でも、乗りたい車種に乗りたい!という需要に応えるため段階的な料金体系を整備する必要があります。
  • 車の写真や詳細情報、カテゴリーで正確な情報提供
    思ってたのと違う!イマドキのありがちな事故です。車体の前・後・横・上、インテリア写真、および、車幅、車高、注意点などの車好きが見るポイントを網羅的、かつ、正確な情報提供で、利用者側の期待値をしっかりコントロールする必要があります。

tesla

人気車をゲットする方法

NORELの満足度は自分が乗りたい車に乗れるかどうかに依存します。現在、普段乗れないような人気車はテスラ1台、ポルシェ3台、メルセデス1台、このうち予約可能な車は1台しかありません。(2016年10月5日現在)この稀少な人気車をゲットする方法は、現在のところ一つしかありません

NORELの ”クルマを探す” ページを毎日見る、ひたすら見る、じーっと見る、これしかありません。

お気に入りに入れたとしても在庫情報からプッシュ通知してくれるわけではなく、完全早いもの勝ち競争なので、地道にがんばりましょう!

あと、2015、2016年式のBMWで写真のナンバープレートにPremier Selectionと記載があれば、新車の確率が高いです!ぜひ、トライして見てください!じーっと毎日見てると報われる楽しみもありそうです。

bmw

今後どーなる?期待してます!

利用シーンに合わせて車を自由にお着替えする、というコンセプトを実際、実現していることは素晴らしいと思います!ただ、利用者が料金に見合ったサービスを利用できなければ納得感は出ませんし、ポルシェと軽自動車が同じ金額?という不公平感や違和感を感じる利用者も多いと思います。

また、ガリバーが保有する中古車をNORELで在庫の利活用しようという発想だと利用者の満足度を長期的に獲得するのは難しそうです。是非、NOREL単体のサービスとしての魅力度を高める努力を期待したいところです!

norel_s

ガリバーが提供するサービスなので、中古車を買う前の試し乗りで利用するものよいと思いますし、夏休みでキャンピングカーやRVがレンタカーで借りにくい時期に3か月まとめて借りてみるのもよいと思います。あと、子供に手がかからなくなれば、思い切って2シーターの車を奥さんと楽しんでみてもいいかもしれません。

これからどんどんサービスが拡充され、車種も増え、社会の当然の仕組みとなるのが今から楽しみです!すでに一般利用も始まっていますので、是非、皆さんもご利用してみてはいかがでしょうか?

さぁ、皆さんの出番です!

NOREL の詳細は こちら

※本ブログ投稿はNORELの利用ユーザのインタビューを記事化しています。


月々49,800円でポルシェがキタ!NOREL体験レポート(予約・納車編)


IDOM(旧ガリバーインターナショナル)は、2016年8月18日正午より一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)で月額定額クルマ乗り換え放題サービス「NOREL」を先行リリースし、10月4日には一般リリースも開始しました。月々49,800円で高級スポーツカー、ボルシェから軽自動車まで自由に乗り換えが可能です。

NORELの特徴

豊富なカーラインナップ

常時10,000台以上あるガリバーの在庫を活用、高級スポーツカーから軽自動車まで100種類上を取り扱い。「SUVで家族でキャンプ」、「彼女とデートでスポーツカー」「ちょっとリッチに夫婦で高級セダン」など用途に合わせて自由に選べます。

何度乗り換えても定額

必要な費用は月額料金に加え、ガソリン代、駐車場代等。登録費用、取得税、保険料などは一切かかりません。もちろん、車検や自動車税もかかりません。

norel_s

ポルシェ・パナメーラを先行リリースでゲット!

先行リリース開始時間8月18日正午の10分前にメンバー登録を完了。なんと先着100名の狭き門を勝ち抜きポルシェ・パナメーラをゲット!なお、登録が完了する頃にはほぼすべての車種が予約済みとなりました。

予約が完了すると数日で車検証や車庫証明関係に必要な書類が届きます。必要事項を記載、10日以内に返信、あとの手続きは事務局でやってくれます。

docu_norel

事務局で書類確認が完了すると、2週間後以降で納車日を指定します。あとはワクワクして待つだけ。もう待ちきれない。。。

と、納車前日の夜に一本の電話、、、「あのー、ポルシェなんですが、タイヤの空気圧の警告灯が消えないトラブルがあり、、、、」むむっ!そーなんです、NORELはガリバーが取り扱う在庫を活用した乗り放題サービスなので、調子が悪い子がある程度出てくるのはいた仕方がありません。でも、来るのはポルシェ、首を長ーくして待ってます。

ポルシェ・パナメーラがウチにキタ!

遂に、NORELから準備完了の連絡キタっ!納車場所は最寄りのガリバーです。期待に胸膨らませ、担当の方とレンタカーを借りる時と同じような確認作業(車体の傷、書類チェック等)を行い、備品の紛失品や不具合に関して説明いただき、鍵をゲット、ついにポルシェが月49,800円で我が家にやってきました!

さすがにポルシェ、今まで乗っていたクルマと加速感も乗り味も全く違う、、、心なしか人の視線もちょっと違うように思います。

porshe_upsate

と、乗り味は最高!、でも気になる点もいくつか。。。

後付けのレーダー探知機の警告音がうるさい

以前の所有者がレーダー探知機をつけていましたが、リモコンを紛失、レーダーのスィッチが切れません。取り外しもできず、警告音が大き目な音でピーピー鳴っています。とりあえずスピーカーに被せものをして音量を下げる工夫をしました

納車時、オイルの残りが一目盛り

ガソリン、オイル、タイヤなど消耗品に関しては利用者負担です。ただ、ポルシェのオイルは1リットル3,000円程度。満タンにするとそれだけで30,000円!と、早速、事務局に連絡したら、料金をちゃんと負担してくれるとのこと。さすがっ、NOREL!

NORELを利用した感想

結果的には大満足!ポルシェの年間保険料は20万-30万、さらに車検、対人・対物保険などを加えると維持費だけでも相当な金額。NORELなら年間約60万円でポルシェが乗り放題、追加の負担はガソリン代や消耗品と車庫代のみ。レンタカーではなく、リースなので「わ」ナンバーでもありません。まさにオレのポルシェです!

(続きはこちら


ライザップ的なプログラミングスクール行ってみた(その4)


(前回はこちら)さて、ライザップ的なプログラミングスクールに行ってみた(その4)で最終回となります費用や修了後の感想などを最後にまとめます

TECH::CAMPの費用と期間

私は結構、本格的にやりたいと思い、3か月のコースに通いました。会社の教育補助プログラムを利用でき、少し費用をおさえることができました。概算は以下になります。

オリジナルサービスコース3ヶ月コース(ウェブアプリコース) 345,600円(税込)
会社教育補助 -140,000円
合計 205,600円

fee

修了後の感想

プログラムを学び直すことで、また違ったものの見え方になるかもしれないと思い、また、通う前は相当自信もあり、あっさり修了できるのでは?と思いましたが、大間違いでした。。。3カ月間、挫折の連続でかつての自信もボロボロになりました。でも、おかげで自分の古臭い技術スキルはイマドキなものにアップデートできましたし、なにより久しぶりになにかに打ち込んで、結果を残せた、充実感ある時間を過ごせました

achieve

最後に

今回のトレーニングで一番良いと感じたのは、エンジニアの皆さんと技術に関するコミュニケーションができる関係になり、技術コミュニティーの一員に近づけたという点です。また、10代、20代の皆さんの価値観や考え方に触れられた点は大きな刺激になりました。未経験で価値観が全く違うところに飛び込むには勇気と勉強が必要です。でも、あまり大きな思いを持って飛び込まなくても、軽い気持ちではじめたことが、新しい刺激になって人生を大きく変えてくれるかもしれません。

私は自信を持ってお勧めできる学びの場だと思います、是非、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

さぁ、みなさんの出番ですよ!

TECH::CAMPの詳細はこちら


ライザップ的なプログラミングスクール行ってみた(その3)


(前回はこちら)ドMの境地にたどり着く頃には教材の課題をほとんどをこなし、いよいよ最後の課題、オリジナルアプリ(以下、オリアプ)の作成に挑んでいきます!

オリアプの作り方

オリアプの開発には専門のメンターさんがつき、プロジェクト全体を支援してくれます。まず、メンターさんに自分が作りたいオリアプの概要をプレゼンし、開発に関するアドバイスを受け、次に作りたいオリアプの画面イメージと画面遷移をパワポで作成、エクセルでデータベースの設計書を作ります。最後にプロジェクトのタスクを洗い出し、スケジュールを作り、コーディングを進めていきます。本格的なシステム構築と同じやり方でプロジェクト管理をしていきます。

mac_ruby

画面作成からつまづく、、、

まず、画面作成からスタートするのですが、HTML/CSSの学習を斜め読み程度にしたおかげで、Bootstrap(レスポンシブな画面を作るフレームワーク)を使いこなすのに2週間もかかりました。その後、Rubyで裏側をコーディングし、Facebook連携やGoogle Map連携など実現したい目玉機能を搭載しようとするも、うまくいかず、さらに数週間。。。始めたころの自信など風前の灯、思うように動かないストレスで発狂寸前になりながら、メンターさんのアドバイスやエラーを回避するためのアイデアに助けられ、最後は教室(渋谷)に乗り込んでコードも直接、触っていただき、当初のスコープからはだいぶスペックダウンしたものの、なんとか動くものが完成!

いや、最後は本当に涙が出そうになりました。。。

bootstrap

本番環境(Heroku)にあがらない

完成品を本番環境にあげるなんてコピペだろ!と思ったら、本番環境(Heroku)にあがらない!。。。HerokuはPaaSと呼ばれるプログラムの実行環境で、このインフラ上で様々なサービスが稼働しており、他のサービスに悪影響が出ないように、Heroku が指定する仕様通りにコードが書かれていなければアップロードができないのです。自分のMacにウェブサーバを設定し、開発された私のオリアプはHerokuが望む姿ではなかったというわけです。

heroku

うぐぐ、、となり、完全に手が止まりました。残された時間はあと2日。今からHerokuを勉強しなおすわけにはいかず、メンターさんにコツを教えてもらいコードを書き直し、最後の最後はメンターさんに全部直していただきました。無事、すべてのコードの修正が終わり、データベースのデータを本番環境にコピーして、、、終わりました!今度こそ、完成です!!

おおぉ!ちゃんと動いてる!自分で作ったオリジナルアプリがHerokuで動く姿は感動そのものです!(感涙)

(続きはこちら


ライザップ的なプログラミングスクール行ってみた(その2)


(前回はこちら)さて、具体的なカリキュラムに入ります。学んだ順に感想を書いていきます。

開発環境の構築

すばらしいアイデアで、マーケティング的にもいけそうなサービスでも、アプリを動かす環境がなければ意味がありません。まず、プログラムを書くとちゃんとその通りに動く開発環境を自分のMacに作ります。これは教材通りにやれば簡単にできます。UNIXやコマンドでOSを操作した経験があれば、ちょー楽勝です。

ruby-prog3

Rubyの学習

Ruby はまつもとゆきひろさんが作ったプログラム言語でRuby on Railsを活用することで、ライブラリ(Gem)を組み合わせて必要な機能を作ることができます。ちょうどレゴのブロックを組み立てる感覚に似ています。とても構造がシンプルで自分にはしっくりきて、最初は教材をどんどん進めることができました。

が、しばらくすると、、、

ruby-prog2

自分がどこにいて、なにを学んでいるか?突然わからなくなりました。

Rubyだけではなく、データベースやライブラリを操作しているうちにプログラムを書いているのか?設定をしているのか?なんのためになにをしているのか?

樹海を彷徨っている感覚に陥りました、当然、学習ペースも落ちていきます。

不安ですので、当然、メンターさんに相談します。すると、「わからなくても、どんどん進んじゃってください!」と明るく強気なアドバイス。。。うーん、と思いつつ、素直に相当時間、彷徨いつづけていると、だんだん少しづつ道が見えてきます。あー、ここでさっきのがつながるのねー的な。

今思えば、このあたりで心折れて挫折してしまう初心者の方が多いのでは?と思います。多少わからなくても、どんどん進んでいけば、ある日、いろんなもののつながりがしっくりくる感覚が沸いてきます。

HTML / CSS の学習

Rubyの基本学習が終わった後は、画面表示、ユーザインタフェイス回りのプログラムを学びます。Ruby は書き方を少し間違えると全く動きませんが、表示言語であるHTML/CSS は書いた通りに表示されるので、Rubyに比べると安心感がパンパありません(笑)。このパートはあまり時間割かなくてもイケそうな感覚があり、ななめ読みに近い程度に流して次に進みました。

prog-ruby1

Ruby on Rails を使ったアプリ制作1,2,3

Rubyの基本とユーザインタフェイスに関するプログラムを理解した後は、いよいよアプリケーションを実際に作っていきます。教材の指示通り、問題に答えながら3つのアプリを作っていきます。教材通りに書けばいいので簡単じゃん!と思っていたのですが、今までの基本学習ができてないとコードを書いても動かせません。とにかく思う通りに動いてくれない。。。しかも、意図しているか、していないかわかりませんが、教材の指示通りに書いても動かないところがいくつかあり、網羅的に理解していないと進めないようになっています。

メンターさんに頻発するエラーに関して質問しても、「このウェブページにエラーを解決するための対処方法が書いてあるので、是非、参考にしてみてください!」と、明るく見放されます。。。そう、ライザップ的(行ったことないけど)です、アドバイスはくれますが、自分で乗り切らねばならず、メンターさんが決してコードを書き直してくれるわけではありません(涙)。でも、冷静に考えるとこれは当然で、現場に出されたエンジニアにはメンターはいません。うまく動かないときにどう自分で対処するか?を身に着けさせるための訓練なのです。そー理解すると少し納得感が出ます。

そんなことを繰り返しながら、エラーに何度も突き返され、Google先生だけが頼りの検索ドMの野郎になりきると、徐々に悟りが扉が開いていきます

(続きはこちら


ライザップ的なプログラミングスクール行ってみた(その1)


最近、巷で話題のプログラミングスクール。ライザップ的だが結構、大変らしい、、と噂を聞きつつ、やれる自信たっぷりで行ってきました。3か月に及んだ悲喜こもごものプログラミングスクールの実際を4回シリーズでまとめます!

プログラミングスクールって?

自分が今まで持っていたプログラミングスクールのイメージは、エクセルのマクロやVisual Basicなどを教えてくれるパソコン教室。でも、最近ではIT部門でないマーケティング部門や事業部門などで、プログラミングスキルを求められる場面も増え、ウェブアプリやモバイルアプリの作り方など高度な技術をライザップ的にコーチが指導してくれるところもあり、市場が活性化しています。

pc_school1

開催コース

知り合いの紹介で私が通ったのは TECH::CAMP。コースは大きく分けて “Ruby on Rails をベースにしたウェブアプリ開発”“SwiftをベースにしたiPhoneアプリ” の2つのコースがあります。モバイルアプリはウェブアプリの作り方次第で対応可能と思い、今回はウェブアプリ開発コースに参加することにしました。

勉強場所

TECH::CAMPは渋谷、名古屋、福岡に教室がありますが、もちろん自宅学習も可能です。指導してくれるメンターさんへの質問はチャットやSkypeで対応してくれます。教材はWindowでも、Macでもできるようになっていますが、メンターも受講生もほぼMacで作業しますので、Windows しか持っていない方はTECH::CAMPのMacbook の貸出サービス(月額:6,000円)の利用を強くお勧めします。

私はほぼ自宅で学習しました。でも、なるべく学校に行って勉強することをお勧めします。メンターさんの横で一緒に作業するだけでも勉強になります。あと、共に悪戦苦闘する生徒さんが多数いらっしゃいますので、モチベーションの維持に効果絶大です!

pc_school2

ゴールと勉強時間

ゴールは “Ruby on Rails で開発されたオリジナルアプリをサーバ上で稼働させること” です。Tech::CAMP が推奨する勉強時間は月100時間、一日平均4時間で達成できます。平日は仕事でしたので、家庭サービスそっちのけで、土日に10時間以上、Macにかじりつく生活を3か月続けました。おかげで家族とは少しスキマ風が吹いたかも。。。?

pc_school3

教材とカリキュラム

申し込み後、受講料の支払が完了すると教材のリンクが送られてきます。教材はウェブページにビデオやサンプルコードなどが埋め込まれたオンライン教材で、以下のようなカリキュラムになっています。

  • 開発環境の構築
  • Ruby の学習
  • HTML / CSS の学習
  • Railsを使ったアプリ制作1
  • Railsを使ったアプリ制作2
  • Railsを使ったアプリ制作3
  • オリジナルアプリ制作
  • サーバ(Heroku)へのアップロード

私は20代にエンジニア経験がありましたので、始める前はかなり自信がありました。これを学んで新しいサービスを自分で立ち上げたら、とんでもないことになるぞ!、、、と、壮大な夢見てました。。。。すぐに厳しい現実と向き合うことになります。(涙)。。。(続きはこちら